スキップしてメインコンテンツに進む
Apple M1 チップのアイコン

Mac版Affinityアプリ: Appleの最新MacOS Big Surと完全な互換性があり、M1チップを搭載したデバイスで超高速パフォーマンスを実現するためのプライミングが施されています


2020年末に、当社はアプリのMacOS版のアップデートを発表しました。ユーザーはAppleの次世代Macの可能性を直接利用することができ、より速く、より多くのことを行うことができるようになります。これは、Appleの最新MacOSアップデートBig Surとの全な互換性と、Mac用に特別に設計されたM1-Appleが新たに発表したチップの最適化によるものです。

macOS Big Sur 上で実行される Affinity Designer

これは当社のユーザーにとって嬉しいニュースです。なぜなら、M1 のアーキテクチャは CPU と統合されたメモリを持つ高性能な GPU を搭載しているからです。これはプロフェッショナル用のクリエイティブなアプリケーションにとって申し分のないものです。この長所は特に、何千ものピクセル レイヤー、ベクトル オブジェクト、そしてテキストを含んでいるドキュメントで作業をするときに注目に値します。ピクセル レイヤーの編集は GPU 上で、そしてその一方、ベクトルとテキストは CPU で最高にうまく処理されます。統合されたメモリにより、こうした複雑なドキュメントの取り扱いが非常に高速に行われるのです。

当社の全機能搭載の iPad アプリは、既に非常に類似したアーキテクチャを A シリーズのチップで利用していますし、これまでにも iPad 用に開発を続けてきました。そのため当社は、このアーキテクチャを持つチップは最終的に Mac に搭載されるだろうと予想していたのですが、今回それが現実のこととなりました。

当社の開発者は幸運なことに DTK (開発者移行キット) を Apple から受け取ることができたため、当社のすべてのアプリを、M1 の立ち上げ前に M1 用に仕上げることができました。 そして、これらのアプリをネイティブで新しいハードウェア上で実行し、Affinity アプリを最初のプロフェッショナル用のクリエイティブなアプリケーションにしました。そして、ネイティブの M1 にサポートを提供しています。

Affinity アプリは、ネイティブの M1 にサポートを提供する最初のプロフェッショナル用のクリエイティブなアプリケーションです

当社のアプリは今回の移行のための準備がすべて整っているので、M1 を搭載した Mac のお客様は、ペイント作業、ピクセル編集、フィルタ効果、ドキュメントのレンダリングなどに関して、より応答性の高いユーザー体験を期待できます。また、これは調整レイヤーやライブ フィルタなど多くの要素を可能にします。これらはパフォーマンスが失敗するまで維持することができるので、たとえ非常に複雑なドキュメントであっても、中断の少ない作業フローが可能になります。

まとめると、M1のおかげで、当社のアプリケーションの動作はこれまで以上に速く、スムーズになり、応答性が向上しました(新しいMacBook Airでは3倍以上のスピード)。これは間違いなくMacにとって大きな前進であり、他のMacシリーズが今後どのように発展していくのかが待ち遠しいです。

macOS 用の新しい Affinity のアイコン (macOS Big Sur の新しいスタイリングと一致するようにアップデートされている)

既にアプリを所有している場合は、無料で最新のアップデートを今すぐダウンロードしてください。そうでない場合は、当社のホームページにアクセスして、プロフェッショナル向けクリエイティブソフトウェアの詳細をご覧ください。

Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.