スキップしてメインコンテンツに進む
バージョン1.10

1.10:超強力なパフォーマンスを体験する準備はできましたか

アプリのアーキテクチャを全面的に再構築し、すべてのOS上でスイート全体のパフォーマンスを大幅に向上させました。現在公開されている1.10アップデートでは、ワークフローが非常にスムーズになり、速度が大幅に向上しています。

私たちは、Affinityアプリがクリエイターに提供するパフォーマンスに誇りを持っていますが、ここ数ヶ月は一歩下がって、さらに改善できることはないかと考えていました。結果的には、いくつかの大きな最適化を実施することができ、特に非常に大きく複雑なドキュメントに大きな影響を与えることができました。

Affinity 1.10(現在ダウンロード可能)は、これまでで最大のパフォーマンスアップデートであり、ソフトウェアの中心部に改良が加えられているため、すべてのユーザーが恩恵を受けることができます。MacでもWindows PCでもiPadでも、Affinityを使えば、より多くのことを、より速くできるようになります。

再生アイコン
「SerifのAsh Hewson代表取締役が、1.10のベータで行われた素晴らしいパフォーマンス上の改善を実証しています。」

最初に注目したのは、Affinity Publisherのメモリ管理です。これは全面的に見直され、数千ページ、数ギガバイトのリンク画像を含む巨大なドキュメントでも、瞬時の読み込み、スムーズなライブ編集、ファイル全体での超高速スクロール、パン、ズームが可能になりました。

数千ページや画像を含む大容量のドキュメントでも、新たなレベルのパフォーマンスを発揮

Affinity Designerでは、レンダリングエンジンに重点を置き、数百個から数千個ものオブジェクトやレイヤーを持つような複雑なドキュメントの処理をいかに改善するかを考えました。ユーザーがこれほど多くのレイヤーを使ってデザインを作成することは一般的ではありませんが、Designerに取り込まれるPDF(CADアプリなどで作成されたもの)の中には、このようにオブジェクトの数が多いものが多く見受けられるので、これを考慮したいと思いました。

この分野での私たちの努力が実を結び、1.10ではドキュメントのレンダリングがこれまでの10倍も速くなりました。この驚くべき改善は、特に複雑で大規模なドキュメントで顕著に見られますが、複雑ではないドキュメントでも、驚くほどスムーズで迅速な作業が可能になります。

数百個から数千個ものレイヤーを持つドキュメントのレンダリング速度が従来の10倍に向上

また、Affinity Photoでは、パフォーマンス面でも多くの調整が行われており、特にレイヤーのブレンド方法の効率化が図られています。この新しいアプローチにより、非破壊的なワークフローを維持しながら、非常に複雑なコンポジションを構築しても、滑らかなパフォーマンスを維持することができます。

このような基本的なパフォーマンスの向上に加え、Affinity PublisherでのIDMLの読み込みが最大4倍、テキストフローの速度が約2倍になったほか、1.10ではスイート全体で多くの調整と安定性の向上が行われています。

無料でお試し

すべてのアップデートと同様に、1.10は現在アプリをお持ちの方に無料でダウンロードしていただけます。まだアプリをお持ちでない方は、10日間の無料試用版をご利用いただけます。

Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.