スキップしてメインコンテンツに進む
プレスリリース

「100日間。100件の委託。」Serif は、COVID-19 (コロナウィルス) のサポートプロジェクトの詳細を

Affinity Photo、Designer、および Publisher の開発者 Serif は、クリエイティブ業界に対する COVID-19 の影響を緩和するための取り組みの一環として、100人の寄稿者から作品を買い取ることにし、今回その仕組みの詳細を発表しました。

Affinity Photo、Designer、および Publisher の開発者 Serif は、クリエイティブ業界に対する COVID-19 の影響を緩和するための取り組みの一環として、100人の寄稿者から作品を買い取ることにし、今回その仕組みの詳細を発表しました。

グローバルなパンデミックによって影響を受けた写真家、デザイナー、芸術家、およびその他のクリエーターを支援することを目指して、先週3つの対策が明らかにされましたが、これがそのうちの1つになります。

Serif は今後3か月間において、1年間の委託料に等しい予算を、「100日間。100件の委託。」のために支出します。そして、その焦点は、クリエーター達に新しい作品を作成することを呼びかけるのではなく、それよりもむしろ彼らに既存のプロジェクトを使用するよう呼びかけることに当てられます。

Serif のマネージングディレクター Ashley Hewson は次のように言います。「大原則として、当社はまったく新しい作品の創作を目的として努力してくれと頼むことはしません。短期間で無理な頑張りをして欲しいというわけではないのです。」

「当社は、Affinity のアプリで作成された現実世界のプロジェクトを常に探しています。また、当社は、多くの人々がキャンセルされるにすぎなかったプロジェクトに取り組んだことがある、ということも知っています。あるいはまた、実行されなかったプロジェクトや、楽しみのためにだけ行われた何かについての経験をお持ちかもしれません。」

「そうしたものこそが、当社がライセンスを与えたいと思って探している作品なのです。ですので、寄稿者は時間を無駄にすることなく新たな作品のための準備を進めてください (本当にやりたいことだけをしてください)。クライアントがかつてキャンセルしたものでも、お金になるものになる可能性があります。」

Serif が大いに期待するものの例としては下記のようなものがありますが、これらに限るわけではありません。

  • チラシ、パンフレット、雑誌、報告書および本のレイアウトなど Affinity Publisher で作成された印刷物
  • Affinity Designer で作成されたイラストレーション、グラフィック、および UI のデザインプロジェクト (ウェブサイトやアプリのレイアウト、アイコン、ロゴ、およびパッケージを含む)
  • ポートレートレタッチ、合成物、多焦点合成、天体写真、パノラマ撮影、HDR (ハイダイナミックレンジ)、ファッション、そして製品写真など、Affinity Photo で作成されたプロジェクト。

申請は4月20日月曜日正午 (BST) までに提出しなければなりません。また、1人の参加者あたり1つの作品に制限されます。また、いずれのブランドも提出前に架空のものにしなければなりません。詳細はhttps://affin.co/WeWantToHelpを参照してください。

また、Serif は、すべての人に90日間 Mac または Windows の PC 上で Serif のクリエイティブなアプリのスートを無料で使用することを許可します。また、むしろアプリを購入して自分のものにしたいというユーザーを対象に50%を割引します。これには iPad のバージョンも対象になります。価格は1回限りの支払いを対象にしたものであり、サブスクリプションの義務はありません。

Serifについて

Serifは1987年に設立され、ハイエンドのパブリッシングおよびグラフィックスパッケージの安価な代替手段として、受賞歴のある数々のPC向けソフトウェアを提供してきました。これらのソフトウェアは、高い品質と信頼性を認められています。

しかし、これらのソフトウェアはWindowsに制限されていたことに加え、長年の開発によりソフトウェアの規模が膨れ上がり、メンテナンスが困難になっていました。また、最新ハードウェアの機能も利用できませんでした。

そこで、Mac、Windows、およびiPadを使用した、クリエイティブな業務に携わるプロフェッショナル向けのスリムで超高速な次世代のアプリスイートの開発に重点を移すことにしました。この方針の変更により、古いコードはすべて破棄し、開発を一からやり直すことになりました。Affinityシリーズの最初のアプリであるAffinity Designerがリリースされたのは2014年。コードを書き始めてから実に5年近くの年月が経過していました。

その後も2015年にはAffinity Photoが、2019年にはAffinity Publisherがリリースされ、今では写真編集、グラフィックデザイン、デスクトップパブリッシング向けのあらゆるアプリケーションを取りそろえたクリエイティブスイートを提供しています。Affinityのアプリは業界で最も栄誉ある数々の賞を受賞し、レビューアーから絶賛されており、世界中で100万人を超えるユーザーに利用されています。

Serifの英国ノッティンガムにある本社では約85人の従業員が雇用されています。

プレスお問い合わせ先

John Atkin
Head of PR
john@serif.com

ご要望に応じて、Affinityアプリをレビューしていただけます。

Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.