スキップしてメインコンテンツに進む
プレスリリース

Affinity PublisherはAppleのMac App of the Yearです

SerifのデスクトップレイアウトアプリであるAffinity Publisherは、AppleのMac App of the Yearに選ばれました
Affinity PublisherはApp of the Yearです

SerifのマネージングディレクターであるAshley Hewsonは、ニューヨークで行われた有名な、賞の発表を行うAppleイベントに出席していました。これは、Affinityアプリが3回目の受賞者に選ばれたときです。

彼は次のように述べました:「Affinity Publisherはこれまでで最大のプロジェクトであり、クリエイティブアプリ間の世界初レベルの統合を導入しましたが、これに対しての反応は信じられないものでした。そして、Affinity PublisherがiPadとMacのAffinity Photoに続き、App of the Yearに再び選ばれたことを光栄に思います。

お客様にはAffinityアプリを本当に気に入っていただいており、このような賞の受賞は、私たちが正しい方向に進んでいること、また毎日アプリを使用している世界中の専門家が本当に感謝するような製品を作ることのさらなる確信となります」

6月に主要な専門家の聴衆の前で公開されたAffinity Publisherは、クリエイティブな専門家の仕事に革命をもたらした独自の新しいレベルの統合を発表しました。

StudioLinkテクノロジーにより、Serifのベクターデザインアプリ(Affinity Designer)や画像編集アプリ(Affinity Photo)をお持ちの方は、Affinity Publisher内でレイアウトを作成しているとき、対応する製品のアイコンをクリックするだけで、それらのアプリをそのまま利用することができます。

Affinity Publisher自体にも有用なベクターデザインツールと写真編集ツールが組み込まれていますが、StudioLink技術が採用されたことで、レイアウト内のグラフィックスや画像を編集しているとき、アプリの切り替え、編集の実行、アセットの保存と再アップロードを行わなくてもフルセットの本格的なツールを利用することが初めて可能になったわけです。こうして創造的なワークフローに圧倒的な能率化と貴重な時間の節約がもたらされます。

簡単な文字中心のドキュメントからポスターやチラシまで、あるいはテキスト、画像、グラフィックスを組み合わせた複雑なパンフレットや書籍もお任せください。Affinity Publisherはデータ量の特に大きなドキュメントであってもスムーズに動作します。

Affinity Publisherは、マスターページ、見開きページスプレッド、グリッド、テーブル、高度なタイポグラフィ、テキスト流し込みを含む本格的なフルセットの印刷出力機能などの必須要素を中心に据えて最近のレイアウトアプリで必要とされるあらゆる機能を提供しており、最新のハードウェアの能力を最大限引き出すように設計されています。

Affinity Publisherは非常に高い柔軟性を備えており、主要なすべてのラスター形式/ベクター形式のファイル(レイヤPSD、PDF、EPSなど)をインポート、エクスポートできます。また、即印刷可能ドキュメントを最新のPDF/X形式で出力でき、オンライン共有ドキュメントに対するハイパーリンクにも対応しています。現在パブリックベータ版であるバージョン1.8では、IDMLインポート機能が導入されています。

Ashley Hewsonはさらにこう述べています:「私たちのチーム内だけでなく、ベータ期間に参加し、アプリを現在の製品に仕上げてくれたすべてのお客様、そしてAffinityに信頼を寄せているユーザーなど、Affinity Publisherの成功に携わったすべての方々に感謝いたします」

App of the Yearの受賞をお祝いするために、Affinity Publisherは、所定の期間だけ30%オフでご提供しています。また、すべてのAffinityアプリと同じように定期利用料金は発生しません。

メディア

画像
ダウンロード

アイコン
ダウンロード

スクリーンショット
ダウンロード

Serifについて

Serifは1987年に設立され、ハイエンドのパブリッシングおよびグラフィックスパッケージの安価な代替手段として、受賞歴のある数々のPC向けソフトウェアを提供してきました。これらのソフトウェアは、高い品質と信頼性を認められています。

しかし、これらのソフトウェアはWindowsに制限されていたことに加え、長年の開発によりソフトウェアの規模が膨れ上がり、メンテナンスが困難になっていました。また、最新ハードウェアの機能も利用できませんでした。

そこで、Mac、Windows、およびiPadを使用した、クリエイティブな業務に携わるプロフェッショナル向けのスリムで超高速な次世代のアプリスイートの開発に重点を移すことにしました。この方針の変更により、古いコードはすべて破棄し、開発を一からやり直すことになりました。Affinityシリーズの最初のアプリであるAffinity Designerがリリースされたのは2014年。コードを書き始めてから実に5年近くの年月が経過していました。

その後も2015年にはAffinity Photoが、2019年にはAffinity Publisherがリリースされ、今では写真編集、グラフィックデザイン、デスクトップパブリッシング向けのあらゆるアプリケーションを取りそろえたクリエイティブスイートを提供しています。Affinityのアプリは業界で最も栄誉ある数々の賞を受賞し、レビューアーから絶賛されており、世界中で100万人を超えるユーザーに利用されています。

Serifの英国ノッティンガムにある本社では約70人の従業員が雇用されています。

プレスお問い合わせ先

John Atkin
Head of PR
john@serif.com

ご要望に応じて、Affinityアプリをレビューしていただけます。

本WebサイトはCookieを利用しています。引き続き本サイトを閲覧することで当社のCookieの利用に同意したものとみなされます。 詳細を確認
Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.