スキップしてメインコンテンツに進む
プレスリリース

Affinityバージョン2は、クリエイティブソフトウェアの新たな標準を設定します。

本日新しい製品がリリースされました。Affinity V2ユニバーサルライセンスのオーナーシップティアを発表。Affinity PublisherがiPadに登場

Serifは本日、受賞歴のあるAffinityクリエイティブスイートの待望のバージョン2を発表しました。リリース割引でご購入いただけるAffinity V2は、クリエイティブソフトウェアの世界に旋風を巻き起こした3つの製品の再考バージョンで構成されており、優れた新機能と新しい見た目を備えています。

  • Affinity Photo 2 – 超パワフルな写真編集とラスターペインティング
  • Affinity Designer 2 – 直感的で独創的なベクターグラフィックデザインとイラストレーション
  • Affinity Publisher 2 – Affinityの他の2つの製品の編集ツールを使用するユニークな方法であるStudioLinkを搭載した俊敏で実用的なページレイアウトソフトウェア

クリエイティブな作業を支援し、最高のものを引き出すように設計および構築されているAffinity V2は、写真編集、グラフィックデザイン、イラストレーション、レイアウトを高度に洗練されたワークフローに統合し、他のクリエイティブスイートとは一線を画す総合的なエクスペリエンスを実現します。

すべてのAffinityアプリのバージョン2を本日より提供開始します

SerifのAshley Hewsonマネージングディレクターは次のように述べています:

「クリエイティブソフトウェアの新たな標準を確立するものとして、Affinity V2は、Serifの歴史の中でも、群を抜いて最大かつ最高にエキサイティングなリリースです。当社は初めて、すべての製品の最新で最高性能のバージョンを同時に発売しました。それらには魅力的な新機能が搭載されています。

「Serifでは、自分たち自身のために働いているのではないことを知っています。私たちは、写真編集者、アーティスト、イラストレーター、デザイナーなど、日々の活動のエンジンとしてAffinityソフトウェアを利用してくださっているすべての方々のために働いているのです。

「私たちは、お客様から要望の多かった新機能を組み込むだけでなく、使い勝手やワークフローにおける多くの改善を図り、かつてなく生産性の高いアプリを提供するためにたゆまぬ努力を続けてきました。新しい製品はAffinityの長年のユーザーにも新しいユーザーにも気に入っていただけると思います。」

Affinity V2の発売と同時に、待望のAffinity Publisher 2 iPad版がリリースされ、それによってmacOS、Windows、iPadOSで利用できるアプリのコアスイートが完成しました。機能満載の直感的でタッチフレンドリーなこのアプリは、真にプロフェッショナルなデスクトップレベルのレイアウトとページデザインアプリとして、初めてプラットフォームに採用されました。

Affinity Publisherが初めてiPadに登場

「フルデスクトップ品質のクリエイティブソフトウェアのiPad版を実現するという私たちの取り組みは、業界をリードし、ユーザーがiPadアプリに何を期待すべきかについて、新しい業界標準を確立しました。そして今、私たちはデスクトップパブリッシングに必要なすべての機能をiPadにもたらした最初の企業となりました。

「本当に、今までにこのような製品はありませんでした。Affinity Publisher 2 iPad版の優れた機能と携帯性は、ページデザインとレイアウト作業をオフィス環境から解放し、インスピレーションをもたらすさまざまな空間での制作活動を可能にします。」

Affinity V2ユニバーサルライセンスについては、Mac、PC、iPadで使用できるAffinity Photo 2、Affinity Designer 2、Affinity Publisher 2を含むパッケージを、すべて込みの単一価格で購入できるようになったことも本日発表しています。

ユニバーサルライセンスは通常は$169.99で購入できます。これはすべてのOSのすべてのアプリを個別に購入した場合に比べて$181.92お得です。ただし、Serifは現在、40%という大幅な発売記念割引を行っており、V2スイート全体をサブスクリプションなしの1回限りの支払いによる、$99.99という驚くべき価格で入手できます。

Ashley Hewsonはこう結論しています:「1回限りの支払いで購入できるということは、世界中の才気溢れる多くのクリエイターにとって、Affinityが唯一の選択肢となることを意味します。このような機会がなければ、高品質のツールに手が届かないユーザーもいるでしょう。最近、当社がサブスクリプションに移行するのではないかという多くの憶測が流れていましたが、そうでないことをはっきりとお伝えできることをうれしく思います。

「既存のお客様に対しては、アプリストアを経由しての販売が多数を占めることから、アップグレード価格を提示できないということも強く意識しています。それが、このような発売時の大幅な割引を実施することにした主な理由であり、ユーザーの皆様に信じられないような価格でアップグレードする機会を提供させていただくことにしました。」

フルパッケージが必要ではない場合は、Mac、デスクトップ、またはiPad用のAffinity Photo 2、Affinity Designer 2、またはAffinity Publisher 2を個別に、同じ40%の発売時割引価格で購入していただくことができます。また、V2ユニバーサルライセンスを含むすべてのアプリは、30日間の無料試用版としても提供されます。

ご購入は、affinity.serif.comから。

新機能

Affinity Designer 2

ベクターワープ

この非常に強力で要望の多かった追加機能により、あらゆるアートワークやテキストに非破壊ワープを適用できます。十分にカスタマイズ可能なメッシュを選択するか、または円弧、パースペクティブ、魚眼、渦巻きなどのプリセットを使用することができます。ワープを編集すると、複雑なイラストでも超高速のライブプレビューができ、真のベクターの最終結果になります。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
シェイプビルダーツール

シェイプとセグメントの加算と減算を、より簡単かつインタラクティブに行うことができます。セグメント間でシェイプをドラッグして結合するか、モディファイアを長押しして減算するだけで、複雑なシェイプをすばやく作成できます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
ナイフツール

あらゆるシェイプ、曲線、テキストを、驚くほどすばやくコンポーネントにスライスできます。スタビライザーでさらに精度を高め、シザー機能でカーブの任意のノードやセグメントをクリックして分割することができます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
測定ツールとエリアツール

オブジェクトの線の長さ、セグメント、距離、およびエリアを簡単に測定して拡大縮小します。測定ツールでは、2つのポイント/オブジェクト間の距離を測定できます。それに対してエリアツールでは、閉じたシェイプの面積、周長、任意のセグメント長を測定できます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
DWG/DXFのインポート

AutoCADおよびDXFファイルを、元のファイルのレイヤー構造と縮尺を維持しつつ迅速かつ正確にインポートして編集できます。

マルチレイヤーインポートカラーオーバーライドオートスケールなどの機能により、インポート品質は他の追随を許しません。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
X 線ビュー

新しいビューモードでは、作品のメークアップが表示され、複雑なアートワークの中から特定のカーブやオブジェクトを選択するのに特に便利です。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad

Affinity Photo 2

非破壊的RAW現像

データを破壊しないでRAW現像を行うことができるようになりました。つまり、ファイルにレイヤーや調整を加えた後でも、いつでも現像設定に戻ることができます。ファイルサイズを小さくするために、ドキュメントファイルに埋め込むか、外部にリンクするかを選択します。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
複合マスク

加算、交差、減算、XOR操作を使用して、複数のマスクレイヤーを非破壊的かつ簡単に結合します。これは、作成した個別のマスクを非破壊で維持しながら、それらの構成要素に基づいて新しいマスクを作成できるという意味です。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
ライブメッシュワープ

画像やファイルを歪ませて下層のテンプレートの表面にマッチさせたいとお考えですか?データを破壊しないワープを適用して、これが可能になりました。また、いつでも編集に戻ることができます。これは、本や雑誌のページなどの上にドキュメントファイルを配置して合成するなどのモックアップ作業で高い効果を発揮します。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
法線調整

既存の法線マップにベイクされた照明情報を調整します。テクスチャアーティスト向けのスタンドアロン機能として優れていますが、3Dレンダリングソフトウェアから生成された照明レイヤーの編集も可能です。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
ライブマスク

下層の画像のプロパティに基づいて自動的に更新される新しいライブマスクで、強力で非破壊的な多数のワークフローを構築できます。

色相範囲

画像内で特定の色に基づいたマスクを作成し、調整やエフェクトを適用したり、選択した色相の自動生成されたマスクにペイントしたりできます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
バンドパス

バンドパスは、画像内のエッジに焦点を当てたマスクを作成します。これは、異なる周波数のレイヤーで作業するレタッチャーに広く利用されていますが、アーティスティックな効果を生み出すこともできます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
明度

特定の輝度範囲、例えばハイライトやシャドウの特定の範囲(またはその中間)をマスクして、そのエリアに制御された調整を適用することができます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
保存済みレイヤーステート

レイヤースタックのさまざまな可視性ステートを保存して、多様なデザインオプションや作品のバージョンをすばやく確認できる、強力な機能です。

レイヤーの可視性を現状のまま保存する手動レイヤーの状態、またはスマートレイヤーの状態(レイヤーカラータグ、レイヤータイプ、レイヤー名、ロックステータスなどのフィルター基準に基づいてレイヤーのオン/オフ切り替えを指定できる)のどちらかを作成します。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows
JPEG XLのインポート/エクスポート

広色域とHDR画像の編集で業界をリードするAffinity Photoは、フルHDRディスプレイを完全にサポートしています。JPEG XLのサポートにより、特にWebブラウザでのサポートが拡大されているフォーマットへのエクスポートが可能になりました。これはつまり、あるユーザーがAffinity Photoで見たものを別のユーザーが利用できるようになったということです。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad

Affinity Publisher 2

書籍

個々のPublisherドキュメントを章として組み合わせて1つの長い作品を作成したら、ページ番号、目次、索引、スタイルを自動で全体に同期します。作業に関わるチームは、全体をまとめる前に各自のセクションで個別に作業できるため、共同作業に特に便利です。デスクトップ版のみでご利用いただけます

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows
脚注、文末脚注、追記

テキストセクションにアカデミックスタイルの脚注や参照を簡単に追加できます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
オートフローの配置

必要な画像がすべて収まるまでドキュメント全体で自動で繰り返される単一のレイアウトを作成します。また、画像の繰り返し回数を指定して高度なテンプレートを設定できるため、数回クリックするだけで複数のバリエーションを即座に作成できるようになります。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
リンクされたファイルレイヤーの可視性オーバーライド

リンクの整合性を失うことなく、PSD、PDF、DWG、DXF、その他のAffinityドキュメントを含む配置済みファイル内で任意のレイヤーをオン/オフにできます。ソースファイルが変更されても、レイヤーの可視性設定は維持されます。

スクリーンショットをダウンロード: Mac | Windows | iPad
DWG/DXFの配置

DXFまたはDWGファイルをAffinity Publisherの制作物に配置できます。

スタイルピッカーツール

ページ上の任意のオブジェクトやテキストのスタイルを選び、他のオブジェクトやテキストにドロップすることで簡単に適用できます。 (デスクトップのみ).

パフォーマンス

特に大きなファイルや画像が多数配置されている大きなサイズのドキュメントを処理する際のメモリの取り扱いを見直して、大幅なパフォーマンスの向上を実現しました。


iPadバージョンの新機能

iPad版のすべてのアプリには、上記のほぼすべての新機能が追加されていますが、UIには次のようなiPad限定の機能強化も含まれます。

コマンドコントローラ

この新しい放射状メニューでは、すべてのツールに共通するモディファイアに素早くアクセスできます。

スクリーンショットをダウンロード
クイックメニュー

3本指でスワイプするだけで、クリップボードオプションや9種類のカスタマイズ可能なショートカット操作に瞬時にアクセスできます。

スクリーンショットをダウンロード
コンパクトモード

レイヤーとブラシパネルで利用できる新しいモードによって、これらのパネルを開いたまま、ドキュメントの領域を最大化することができます。

スクリーンショットをダウンロード
iPadOS 16対応

すべての iPad アプリは、iPadOS 15 以降に引き上げられたメモリ制限を利用できるように最適化されています。また、iPadOS 16 のお客様は、新しい仮想メモリスワップによるメリットも活かすことができ、非常に大きなサイズのドキュメントの処理パフォーマンスを劇的に向上させることができます。


アプリ名

Affinity V2のアプリ名は以下のとおりです。

デスクトップ
  • Affinity Designer 2
  • Affinity Photo 2
  • Affinity Publisher 2
iPad
  • Affinity Designer 2 for iPad
  • Affinity Photo 2 for iPad
  • Affinity Publisher 2 for iPad
ユニバーサルライセンス
  • Affinity V2ユニバーサルライセンス

アプリアイコン

Affinity V2のアプリアイコンはここからダウンロードできます。

Affinity Designerブランドロゴ Affinity Photoブランドロゴ Affinity Publisherブランドロゴ

システム要件

オペレーティングシステム

アプリが可能な限り最新の高度なOSバージョンに対応したものとなるように、Affinity V2の最小動作システム要件は、以下のように設定されています。

  • Windows - Windows 10の2020年5月アップデート(2004、20H1、ビルド19041)
  • Mac—MacOS 10.15 (Catalina)
  • iPad—iPadOS 15
ハードウェア
Mac
  • Mac Pro、iMac、iMac Pro、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Mini
  • Appleシリコン(M1/M2)チップまたはIntelプロセッサを搭載したMac
  • 8GB以上のRAM推奨
  • 1280x768以上のディスプレイサイズ
  • 標準、Retina、拡張色域DCI-P3ディスプレイをサポート
Windows
  • マウスまたはこれに相当する入力デバイスを備えたWindowsベースPC(64ビット)
  • ハードウェアGPUアクセラレーション - 要件:Direct3Dレベル12.0対応カード
  • 少なくともDirectX 10互換のグラフィックスカード
  • 8GB以上のRAM推奨
  • 1280x768以上のディスプレイサイズ
iPad

対応製品:

  • iPad Pro(全モデル)
  • iPad Air (2、3、4、5)
  • iPad (2017 以降)
  • iPad Mini (5 & 6)

サポート対象言語

  • 英語(UK/US)
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • スペイン語
  • ブラジルポルトガル語
  • 中国語(簡体字)
  • 日本語

エディターへのメモ

Ashley Hewsonがインタビューに答えます。

ご要望に応じて、Affinity V2製品をレビューしていただけます。

メディア

画像
ダウンロード

プレスお問い合わせ先

John Atkin
Head of PR
john@serif.com

Serifについて

Serifは1987年に設立され、ハイエンドのパブリッシングおよびグラフィックスパッケージの安価な代替手段として、受賞歴のある数々のPC向けソフトウェアを提供してきました。これらのソフトウェアは、高い品質と信頼性を認められています。

その後、開発の焦点は軽量で超高速なアプリからなる次世代のスイートに切り替わりました。これは Mac、Windows、および iPadを使用するクリエイティブなプロフェッショナル向けの製品です。Affinityにとって最初のアプリとなるAffinity Designerは2014年にリリースされました。その後、2015年にAffinity Photoが、そして2019年にはAffinity Publisherが発売され、Serifは写真編集、グラフィックデザイン、そしてデスクトップパブリッシングのアプリケーションをすべて網羅するクリエイティブなスイートを誇ることになりました。

2022年11月に発売された Affinity バージョン2 は、新規機能と改良に加えて、流れるようにパワーフルな作業体験のために再デザインされたUIにより、Affinityのスイートを完全に再考したものになっています。iPad用Affinity Publisher 2も同時に発売されたため、Affinityスイート全体がMac、PC、および iPad向けに統合されることになりました。

Affinityの製品は業界で最高の賞のいくつかを獲得しており、レビュアーからも賞賛の声が上がっています。さらに、世界中の何百万人ものユーザーにより採用されています。

Serifは英国ノッティンガムを本拠とする、約90人の従業員を擁する企業です。

Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.