スキップしてメインコンテンツに進む
プレスリリース

Affinityアプリで新たなレベルのクリエイティビティを体験

最もスムーズで高速な写真編集やグラフィックデザインから、最もパワフルなパブリッシングソフトウェアまで、Affinityはクリエイティブソフトウェアの新たな基準を打ち立て続けています。

Affinityアプリは、本日のバージョン1.9の発表で、新機能と大幅な改善をもたらし、さらに強力になりました。

AffinityデベロッパーSerifのAshley Hewsonマネージングディレクターは次のように述べています。「昨年も記録的な数の人々がAffinityに乗り換えた年でしたが、2021年をまた新たな無料アップデートでスタートすることができ嬉しく思います。

「アーティスト、デザイナー、写真家、編集者などに向けて、複雑なワークフローであっても、Affinityのスピードとパワーを活用できるようなツールや機能をさらに導入していきます。」

Affinity Designerに新しい輪郭ツールが登場

グラフィックデザインアプリであるAffinityDesignerで、すべてシェイプやパスに輪郭やラインオフセットを非常に直感的な方法で追加できる新しい輪郭ツールが登場しました。また、リンクされた画像やリソースを配置する機能も追加され、ファイルサイズを縮小し、共同作業を簡素化することができるようになりました。

Affinity Publisherでは、IDMLのインポートが大幅に高速化されました。新しいパッケージ機能では、プロジェクトのすべての画像やフォントリソースをフォルダにバンドルして、他のシステムに簡単に転送することができ、コラボレーションや印刷制作を支援することができます。

配置されたPDFは、エクスポート時に100%の忠実度を保証する「パススルー」に設定できるようになり、ユーザーは新しいデータ結合機能を使用して外部データソースからのテキストや画像のリンクをドキュメントに簡単に統合することができます。

Affinity Publisherでデータ結合が可能に

Affinity Photoの他社製品とは一線を画す重要な特徴は、元のデータが失われることのないワークフローであり、これは、ライブのマスク可能なレイヤーとしてゆがみ調整を追加する機能によって、別次元に引き上げられました。その上、RAWエンジンの大幅な改善、新しいリンクレイヤー機能、パステキスト、さらには、驚きの結果が得られる宇宙写真画像のスタッキングをコントロールするためのまったく新しいモードが提供されます。

Affinity Photoの新しい宇宙写真ペルソナ

Windowsユーザー向けの最新のアップデートにはGPUアクセラレーションが含まれており、システム*にもよりますが、多くのピクセルベースのタスクで最大10倍の高速化を実現することができます。これにより、Windows版はMacOS版とiPad版のアプリのGPUアクセラレーションに対応し、新しいApple M1チップに最適化された最初のプロフェッショナル・クリエイティブ・スイートの一員となりました。

1.9アップデートは、本日よりMacOS、Windows、iPadのすべてのAffinityアプリで利用可能で、既存のユーザーは無料で利用できます。

新型コロナウイルスが流行中、クリエイティブコミュニティを応援する取り組みとして、現在全Affinityアプリが50%オフで提供されています。affinity.serif.comからご入手ください。

*Direct3D機能レベル12.0対応カードを搭載したWindows 10 2020年4月アップデート以降を使用している必要があります。

メディア

スクリーンショットと機能のグラフィックス
ダウンロード

Serifについて

Serifは1987年に設立され、ハイエンドのパブリッシングおよびグラフィックスパッケージの安価な代替手段として、受賞歴のある数々のPC向けソフトウェアを提供してきました。これらのソフトウェアは、高い品質と信頼性を認められています。

しかし、これらのソフトウェアはWindowsに制限されていたことに加え、長年の開発によりソフトウェアの規模が膨れ上がり、メンテナンスが困難になっていました。また、最新ハードウェアの機能も利用できませんでした。

そこで、Mac、Windows、およびiPadを使用した、クリエイティブな業務に携わるプロフェッショナル向けのスリムで超高速な次世代のアプリスイートの開発に重点を移すことにしました。この方針の変更により、古いコードはすべて破棄し、開発を一からやり直すことになりました。Affinityシリーズの最初のアプリであるAffinity Designerがリリースされたのは2014年。コードを書き始めてから実に5年近くの年月が経過していました。

その後も2015年にはAffinity Photoが、2019年にはAffinity Publisherがリリースされ、今では写真編集、グラフィックデザイン、デスクトップパブリッシング向けのあらゆるアプリケーションを取りそろえたクリエイティブスイートを提供しています。Affinityのアプリは業界で最も栄誉ある数々の賞を受賞し、レビューアーから絶賛されており、世界中で100万人を超えるユーザーに利用されています。

Serifの英国ノッティンガムにある本社では約85人の従業員が雇用されています。

プレスお問い合わせ先

John Atkin
Head of PR
john@serif.com

ご要望に応じて、Affinityアプリをレビューしていただけます。

Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.