スキップしてメインコンテンツに進む

技術情報

Mac

ハードウェア

  • Mac Pro、iMac、iMac Pro、MacBook、MacBook Pro、MacBook Air、Mac Mini
  • Intel 64ビットCore 2 Duo以上 (2007年以降)
  • 2GB RAM以上
  • 1.34GBのハードドライブ空き容量(インストール時はそれ以上の容量が必要)
  • 1280x768以上のディスプレイ解像度
  • 標準、Retina、拡張色域DCI-P3ディスプレイをサポート

オペレーティングシステム

  • 10.9 Mavericks
  • 10.10 Yosemite
  • 10.11 El Capitan
  • 10.12 Sierra
  • 10.13 High Sierra
  • 10.14 Mojave
  • 10.15 Catalina

Windows

ハードウェア

  • マウスまたはこれに相当する入力デバイスを備えたWindowsベースPC(64ビット)
  • 少なくともDirectX 10互換のグラフィックスカード
  • 2GB以上のRAM(4GB以上推奨)
  • 670MBの空き容量(インストール時はそれ以上の容量が必要)
  • 1280x768以上のディスプレイ解像度

オペレーティングシステム

Affinity Storeバージョン

  • Windows® 10(1607 Anniversary Update以上)
  • Windows® 8.1
  • Windows® 7(Service Pack 1、Aero対応)

Microsoft Storeバージョン

  • Windows® 10(1607 Anniversary Update以上)

iPad

ハードウェア

  • 対応製品:
    • iPad Air 2
    • iPad Air 3
    • iPad 2017
    • iPad 2018
    • iPad 2019(10.2インチ)
    • iPad Pro(全モデル)
    • iPad Mini 5

オペレーティングシステム

  • iOS 12 or above

概要

パフォーマンス

  • GPUによるコンピューティングのハードウェアアクセラレーション*が超高速なコンポジション、編集、描画を実現
  • Intelの内蔵GPUを使用した大幅なパフォーマンス向上
  • 外付けGPUのサポート(ホットプラグ/アンプラグ)
  • 複数のGPUの利用
  • ライブフィルタのレンダリング速度の向上

* macOS High Sierra以降が必要

高速かつ効率的なツールセット

  • 画像が大量にあっても、60fps以上(サポート時)でパンおよびズーム
  • ライブツール、ライブプレビュー、リアルタイム編集
  • RAWおよび標準処理が1つのアプリに統合

プロフェッショナル向け

  • プロフェッショナル向けのカラースペースおよびプロファイル
  • PSDのようなプロ仕様のファイル形式をサポート
  • 最新のカメラRAW形式をサポート
  • フルセットの16ビットフィルタ
  • ピクセルよりもきめ細かい精度と、ピクセルパーフェクトなスナップ処理
  • カスタマイズ可能なツールバー、キーボードショートカット、およびパネル (デスクトップのみ)
  • ドキュメントのプリセット、または独自のカスタムドキュメント設定を保存
  • ピクセル、ポイント、パイカ、および物理的なドキュメントの単位で作業可能

美しさを追求

  • プロフェッショナルのフォトグラファー向けに専用開発
  • 整然としたスタイリッシュなインターフェイス
  • 新機能
    統合型アプリケーションツールバー (MacOS Mojave 以降)

クリーンなワークスペース

  • 特定のタスクおよびツールセット専用のペルソナ (モード)
  • RAW編集、写真編集、パノラマ、ゆがみ、トーンマッピング用の整備されたUI
  • エクスポート領域と設定を微調整するための書き出しペルソナ

連続した取り消し履歴

  • 8,000以上の履歴ステップを即時に取り消し/やり直し
  • 履歴を保存しておくと、後で、別のコンピュータ上でもステップを取り消すことが可能
  • シームレスな自動保存機能で予期しないシャットダウンによる被害を防止
  • ブランチ保存機能により、取り消し後に編集を行っても作業履歴が消えることを防止
  • サムネイルと日時により履歴ステップを表示

サブスクリプションは不要

  • 単一の1回限りの価格でアプリの最新バージaョン (v1) を手に入れることができます (あなたが選んだオペレーティングシステム上で)。これはあなたが所有し続けることができます。そして、バージョン2が利用可能になるまで (現在、その予定日はありません)、ソフトウェアの無料アップデートを受け取ることができます。その後、現在お持ちのバージョンをそのまま使用し続けてもよいですし、あるいは追加費用を支払ってバージョン2にアップグレードすることもできます。

言語

  • 英語 (米国およびイギリス)
  • ドイツ語
  • フランス語
  • スペイン語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • 日本語
  • イタリア語
  • 中国語 (簡体字)
  • ロシア語

RAW画像処理

分割表示機能を搭載した専用のRAWエディタ

  • GPUアクセラレーションを利用したRAW現像
  • RAWファイルとその他のRGBレイヤを現像ペルソナで調整
  • 調整後とオリジナルを横に並べてリアルタイムに表示
  • ホットピクセルの自動除去(SerifLabs RAWエンジンのみ) (デスクトップのみ)
  • 新機能
    「最近」と「お気に入り」のリストを備えた手動レンズ補正オーバーライド
  • 新機能
    更新されたRAWライブラリとサポートされるレンズ
  • 新機能
    キヤノン CR3 RAW サポート (SerifLabs RAW エンジン経由で)

調整とレンズ補正

  • 露出
  • コントラスト
  • 明瞭度
  • 彩度 (改善)
  • 自然な彩度 (改善)
  • ホワイトバランス (改善)
  • シャドウ
  • ハイライト
  • カメラおよび出力プロファイル
  • 空間レンズ補正
  • 色収差の軽減
  • フリンジ除去
  • レンズビネットを除去
  • 切り抜き後のビネット
  • ディテール調整
  • ノイズ軽減
  • ノイズ追加
  • カーブ
  • 白黒
  • 明暗別色補正

開発ツール

  • ペイントオーバーレイ
  • グラデーションオーバーレイ
  • 階調クリッピングオーバーレイモード
  • ホワイトバランスツール
  • 傷除去ツール
  • 赤目除去ツール
  • 切り抜きおよび傾き補正ツール
  • パンおよびズームツール

詳細画像情報

  • ヒストグラムはレベルとクリッピング (出力色スペースで示される) を表示します
  • 画像内のクリップされたシャドウおよびハイライトを表示
  • スコープを使用して強度を評価
  • EXIFおよびその他のメタデータのサポート
  • 新機能
    IPTC サポートによるメタデータ編集、XMP のインポート/エクスポート、XMP サイドカーファイルからの読み取り
  • フォーカスメタデータの詳細表示

巧妙なワークフロー

  • RAW編集用の組み込みの履歴スライダー
  • スナップショットを保存して編集を分岐
  • ほかの画像で使用するために調整プリセットを保存
  • 完全編集のためにPhotoペルソナに継続
  • ベース補正を自動的に適用するかどうかを選択
  • 自動トーンカーブを解除して独自のトーンカーブを適用
  • 自動的なレンズ補正とノイズ軽減
  • プロファイルによる堅牢なレンズ補正のオン/オフ切り替え可能
  • RAW画像の回転
  • RAWサポートリストについては、フォーラムにアクセスしてください

画像編集およびレタッチツール

元のデータが失われることのないライブ編集

  • ライブ調整レイヤ
  • ライブフィルタレイヤ
  • ライブブレンドモード
  • ライブグラデーション
  • 元のデータが失われることのないレイヤサイズ変更
  • 保存可能な選択範囲
  • スマートシェイプに対するライブ調整

レイヤとマスク

  • レイヤ数無制限の高度なレイヤ処理
  • 無損失のレイヤサイズ変更
  • レイヤをグループにネストし、グループを階層化
  • ドラッグアンドドロップによりレイヤと調整を構造化
  • ドラッグアンドドロップによりレイヤをクリップ
  • マスクのペイント時に、ノズルの下にプレビューをライブ表示
  • 複数のマスクおよび調整を適用
  • マスクと調整のグループ化で複合オブジェクトを形成
  • 子レイヤやマスクとは別にレイヤを移動することも可能
  • レイヤのロック、非表示化、複製、結合を実行
  • すべてのロック済みレイヤのロックを同時に解除
  • すべての非表示レイヤを同時に表示
  • 任意のレイヤタイプを反転
  • レイヤパネル内の選択レイヤコンテンツに自動スクロールでジャンプ
  • 新機能
    1つのドキュメントから別のドキュメントにレイヤーをドラッグ&ドロップ (Windows専用、並んでフローティング)

クイックマスク

  • 選択範囲からマスクをすばやく、容易に作成
  • 透明、黒、または白をオーバーレイとして表示

チャンネル

  • 画像およびレイヤチャンネルを表示および編集
  • ImageAlphaとの連携
  • マスクをチャンネルから作成
  • スペアチャンネルとグレースケールチャンネルを作成
  • チャンネルデータに基づいた選択範囲を作成し、その選択範囲に追加
  • 任意のチャンネルを反転
  • チャンネル単位のブレンドオプション

不要なオブジェクトを除去

  • コンテンツ認識型インペインティングブラシでマジックなどのオブジェクトをインテリジェントに除去

レタッチツール

  • 覆い焼きおよび焼き込みブラシ
  • スポンジおよびスマッジブラシ
  • クローンツール(複数のグローバルソースを使用) (デスクトップのみ)
  • 修復ブラシ(複数のグローバルソースを使用) (デスクトップのみ)
  • 傷除去
  • パッチツール
  • 赤目除去ツール
  • ぼかしおよびシャープ化ブラシ
  • メジアンブラシ
  • カラー置換ブラシ
  • ペイントブラシ
  • コントラスト、レベル、カラー、ホワイトバランスを自動調整

周波数分離機能

  • フィルタとして組み込まれる周波数分離機能
  • 階調/カラーやテクスチャを個別に編集して、必要な場所のディテールを維持

高度なフィルタ

  • FFTノイズ除去は、複数のノイズ除去機能のうちの1つ (デスクトップのみ)
  • モアレパターンやその他のタイプのノイズを効果的に除去
  • ライブ照明フィルタは、オンスクリーン照明編集を提供
  • 照明タイプおよび範囲を変更し、バンプマップを追加
  • ヘイズ除去はすばらしいディスタンススライダーを含む
  • 任意のチャンネル等式を使用する画像適用
  • カスタム等式に基づく歪みフィルタ
  • カメラ、レンズプロファイル、焦点距離の選択によるレンズ補正フィルタ

プラグイン

  • 新機能
    改善された Photoshop プラグインサポート (DxO Nik Collection 2.5 プラグインを含む)
  • 64ビット版のAdobe® Photoshop®互換プラグインを使用
  • インストールされているプラグインが検出され、互換性が確認されます
  • LABプラグインをサポート
  • 32ビットRGBドキュメントで編集
  • サポートは継続的に強化されており、今よりも多くのプラグインがサポートされるようになります

ハイダイナミックレンジ(HDR)編集

  • ブラケット露出を結合して32ビット画像を作成
  • 高度なトーンマッピング用の独自のペルソナ
  • 32ビット無制限カラー形式で容易な編集
  • OpenColorIOの完全サポート
  • 真の32ビット無損失ワークフローを維持およびフルトーナルレンジをプレビュー
  • OpenEXRマルチチャンネルインポートおよびエクスポート
  • Radianceインポートおよびエクスポート

HDRおよびEDRディスプレイのサポート(デスクトップ版のみ)

  • 散乱光の白色を超える明るさのピークの値までも表現できるディスプレイの利用
  • 32ビットの白飛びしないHDRドキュメントの拡張された明るさ範囲を参照
  • ディスプレイの最大の明るさに基づくクリッピング警告の表示

ライブ画像スタック

  • 複数の画像を連結および自動整列
  • ノイズ軽減とシーンからの移動被写体の除去
  • 長時間露出シミュレーションと露出ブレンド
  • クリエイティブな微速度撮影およびモーションエフェクト
  • 多彩な結果を生成する10種以上のスタックモード
  • リアルタイムでスタックオペレーターの設定を変更

画像ステッチ

  • RAWおよびその他の画像をパノラマに自動的にステッチ
  • 垂直ビスタ、水平ビスタ、混合ビスタを作成
  • カラーとパースペクティブの自動補正を含む
  • パノラマペルソナはインペインティングおよび切り抜きツールを含む
  • フォルダ内で自動検出されるステッチ候補
  • ICCプロファイルのサポート
  • ハイダイナミックレンジステッチ用の32ビットHDRサポート

フォーカス結合

  • 画像を複数のフォーカスエリアでブレンドしてフィールドの深度を増大
  • 前後の鮮鋭度を付けた結合画像を作成
  • クローンソースを使ってフォーカス結合の結果を簡単にレタッチ

ライブ投影

  • 360°画像をリアルタイムにパンおよびプレビュー
  • 正距円筒図法の360°画像を投影および編集
  • 複数のパースペクティブプレーンを描画、投影、編集
  • 一時的に2Dに投影して編集した後にパースペクティブを再適用

マクロおよびバッチ処理による自動化

  • アクションを記録してマクロとして保存 (デスクトップのみ)
  • 記録した個々のステップおよびそのパラメータを編集 (デスクトップのみ)
  • 記録後にマクロ設定をカスタマイズ (デスクトップのみ)
  • マクロライブラリのインポート、エクスポート、維持
  • 画像の大量処理&変換のために一括ジョブを実行
  • 一括ジョブにマクロを適用してシームレスなカスタムワークフローを実現 (デスクトップのみ)
  • バッチ処理でのスケーリングの式のサポート(w、h、およびdpi)

選択ツール

  • スマート選択ブラシ
  • ベタ選択ツール (マジックワンド)
  • フリーハンド/ポリゴン/磁気選択ツール
  • 選択範囲どうしの加算/減算/保存/読み込み
  • カラーおよび階調範囲に基づいて選択
  • アルファベースの選択範囲 (不透明/透明/部分的)

選択範囲の微調整

  • 高度な微調整で髪や毛皮のような微細な領域を選択
  • 微調整用境界線の幅、滑らかさ、モード、ぼかしサイズを設定
  • 微調整の結果を選択範囲、マスク、新規レイヤ、またはマスク付きの新規レイヤとして出力

切り抜きおよび傾き補正

  • 統合された切り抜きおよび傾き補正ツールはフレーム画像に役立ちます
  • オリジナルまたはその他のアスペクト比に制限
  • 切り抜きのプリセット、または独自のカスタム切り抜きを保存 (デスクトップのみ)
  • サーズグリッド、ゴールデンスパイラル、およびダイアゴナル合成オーバーレイ
  • 簡単な切り抜き解除
  • 切り抜き領域以外の領域を暗くしてコンポジションを支援
  • 横線をまたぐようにドラッグするだけで容易に傾きを補正

パースペクティブ

  • パースペクティブライフ編集—リアルタイム
  • シングルおよびデュアルプレーンのパースペクティブ編集
  • グリッドの表示と非表示化、レイヤの自動クリップ
  • 適用前と適用後の表示を横に並べて確認

メッシュのワープツール

  • 任意のレイヤに対するリアルタイムのメッシュのワープ
  • ノードの追加とメッシュのリシェイプを容易に実行
  • 使い慣れた曲線コントロールでノードを完全に編集

完全なゆがみツールセット

  • 専用のゆがみペルソナ
  • カスタムメッシュに対する変形を表示
  • プッシュフォワードおよびプッシュレフトブラシツール
  • 渦巻きおよび乱流ブラシ
  • メッシュを保存し、効率化のためにクローン
  • メッシュスライダーの再構成によりワープの強度を変更
  • メッシュおよびマスク編集ツール
  • 適用前および適用後のライブ分割ビューを表示
  • 高度なブラシコントロールを使用してワープを微調整
  • ゆがみステップ用の組み込みの履歴

高度なヒストグラム

  • 画像全体または選択されたチャンネル用に表示
  • ヒストグラム計算を現在のレイヤまたは選択範囲に制限
  • 速度の大まかなヒストグラムを表示、クリックで精緻化

高度なガンマブレンド

  • 編集可能なオブジェクトまたはレイヤ単位のRGBブレンド空間ガンマ
  • 線形または非線形ブレンドの複数の値を適用
  • デフォルト値を設定
  • 再利用するためにカスタムカバレッジマップを保存

詳細画像情報 (デスクトップのみ)

  • 詳細な画像および明度情報をリアルタイムに表示
  • メモリプレッシャーとメモリ効率を監視
  • すべてのカラースペースについて情報を表示
  • さまざまなスコープとヒストグラムビューの間で切り替え

EXIFメタデータ

  • サマリ、完全なメタデータ、RAWメタデータを表示
  • 現像ペルソナの詳細なフォーカス情報を取得
  • EXIFおよびその他のXMLベースのデータタイプのサポート

ブラシツール

  • レトロ感のあるアートや優れたUIペイント処理向けの、アウトラインが明瞭なピクセルブラシツール
  • ブラシツール全体で有効なテクスチャブラシノズルの全範囲
  • ペイントブラシおよびコントロールの詳細については、下を参照してください

カラー

プロフェッショナルカラー

  • 真のエンドツーエンドCMYK
  • RGB、RGB16進数、LAB、CMYK、グレースケールのカラーモデル
  • ICCカラー管理プロファイルおよび変換
  • カラーモードをその場でシームレスに切り替え
  • 16進値をクリップボードにコピー
  • Pantone®カラーを使用
  • 新機能
    レンダリングの意図と黒のポイント補正の設定 (グローバルにおよびドキュメント変換で)
  • 選択した調整によりカラーモード全体で機能
  • エンドツーエンドのOpenColorIO(OCIO)ワークフロー
  • カラーモードの切り替え防止用ロック (デスクトップのみ)

チャンネルサポートあたり16ビット

  • RGB/LAB/グレースケール空間向けのチャンネルモードあたり16ビット
  • 16ビットバージョンのフィルタをすべて含む
  • サポートされているすべてのハードウェアで機能、制限なし

高度なレンダリング

  • 調整および現像ペルソナ用の画面の分割表示前/後のライブビュー
  • ライブワイヤーフレーム、ピクセル、およびRetina/高DPIピクセルプレビュー
  • オブジェクト単位でのカスタムガンマブレンド処理

使いやすいカラーピッカー

  • 写真ペルソナ専用ツール
  • ディスプレイ上のあらゆる表示領域から虫眼鏡を使用してカラーを正確に選択
  • ポイントまたはカラー平均によるサンプリング
  • 現在またはすべてのレイヤからのサンプリング
  • CMYK、RGB、LABカラーなどのソースカラースペースで取得
  • 代替手段となるサンプルパネルベースのカラーピッカー

パレットおよびスウォッチ

  • 利用できるすべてのカラーモデルに基づいたカラーやパレットを使用可能
  • ドキュメントカラーに基づくパレットを自動的に作成
  • Adobe® Swatch Exchange (.ase) ファイルをインポート (デスクトップのみ)
  • Appleのシステムカラーパレットを使用する別のアプリで作成されたパレットを表示
  • OS Xシステムカラーピッカーを使用
  • 補色、近似カラー、その他のカラーコードを作成 (デスクトップのみ)
  • カラー、グレー、グラデーション用の組み込みスウォッチ
  • 任意の画像からパレットを生成 (デスクトップのみ)

グローバルカラー (デスクトップのみ)

  • ベースカラーの変更時にドキュメント内のオブジェクトを更新
  • ベースカラーの更新時に色調レベルが保持されます
  • ベタ塗りまたはグラデーションとして使用

高度な拡大縮小とリサンプリング

  • 画像またはキャンバスのみをサイズ変更
  • キャンバスを固定、単位を変更、アスペクト比を維持
  • 最高品質で出力するために混在するアートワークの拡大縮小を自動実行
  • Lanczos 3、バイキュービック、バイリニア、ニアレストネイバーの各手法によるリサンプリングに対応
  • ピクセルアートをアップサンプリングするピクセルアートアルゴリズム

互換性および印刷

Photoshop® PSD サポート

  • Adobe® Photoshop® PSD ファイルの確実なオープン/保存(32ビットにも対応)
  • 非常に大きなPSBファイルのオープン
  • レイヤ、グループ、グラデーション、ブレンドモード、パス、マスクなどを保持
  • プロフェッショナル向けのカラーモードをサポート
  • PSDを他のサポート対象ソフトウェアで利用
  • 新機能
    埋め込まれた PhotoShop PSD のスマートオブジェクトは引き続き編集可能

Pro PrintとPDF/Xのサポート

  • プロ仕様の印刷のためにCMYK PDF/Xファイルを作成、編集
  • PDF/X-1a、PDF/X-3、PDF/X-4に対応
  • スポットカラーを使用
  • 重ね刷りコントロールを適用
  • トリム、裁ち切り、切り抜きマークを追加
  • ICCカラープロファイルを内部でエクスポート時に適用

Pantone®カラーマッチング

  • PANTONE® Goe
  • PANTONE® GoeBridge™
  • 新機能
    PANTONE®+ Formula Guide Solid (V2)
  • PANTONE®+CMYK
  • 新機能
    PANTONE®+ Color Bridge (V2)
  • PANTONE®+メタリック、ネオン、パステル
  • コーティングおよび非コーティングのバリエーション

効率化された印刷

  • Affinity Photoから直接印刷
  • 標準ダイアログと詳細ダイアログの間を切り替え
  • レイアウト、拡大縮小、カラーマッチング、紙送りを制御
  • プリンタードライバーの機能にアクセス
  • 印刷ダイアログからPDFとして保存

プリセットをエクスポート

  • 独自のエクスポートプリセットを作成
  • Affinity Photoでは使用頻度の高いプリセットを提供
  • プリセットを使用して画像全体または特定の領域を保存
  • デフォルトのエクスポート形式を設定

効率性に優れたAffinityファイル形式

  • コンパクトで高速に処理できるネイティブファイル形式
  • Affinity DesignerやAffinity Publisherでも完全に編集可能

高度なエクスポートコントロール

  • 連続エクスポートは、画像またはデザインが変更されると常にファイルを更新します
  • EXIFまたはその他のメタデータを出力時に保持
  • エクスポートされた画像にICCプロファイルを埋め込む
  • つや消しカラーを適用

オープンまたはインポートが可能な形式の完全なリスト

  • Adobe® Photoshop® PSD
  • Adobe® Photoshop® PSB
  • 新機能
    豊富なRAW読み込みライブラリ (CR3 を含む)
  • DNG
  • PNG
  • TIFF
  • JPG
  • GIF
  • TGA
  • SVG
  • EPS
  • PDF
  • PDF/X
  • EXR(OpenEXR)
  • HDR(Radiance)
  • Adobe® Illustrator® AI (PDFストリームを含むもの)
  • レガシAdobe® Illustrator® AI ファイル
  • Adobe® FreeHand® (バージョン9~11)
  • Affinity Designerネイティブファイル (デスクトップのみ)
  • Affinity Publisherネイティブファイル ((ページナビゲーションを含む))
  • HEIFと深度マップ(別のレイヤ)

保存またはエクスポートが可能な形式の完全なリスト

  • 新機能
    Affinity テンプレート (.aftemplate)
  • Adobe® Photoshop® PSD
  • TIFF(レイヤを維持)
  • PNG
  • JPG
  • プログレッシブJPG
  • GIF
  • SVG
  • EPS
  • EXR(OpenEXR)
  • HDR(Radiance)
  • PDF (Adobe® Illustrator® でも開くことが可能) (改善)
  • PDF/X-1a、PDF/X-3、PDF/X-4
  • Affinityの一般的なファイル形式

スライスおよびRetina/高DPIグラフィックス

  • 個々のレイヤ、グループ、または画像をスライスとして出力
  • エクスポート時にカスタムサイズのスライスを描画
  • スライスをレイヤサイズで自動作成
  • レイヤ/スライス名を使用して、エクスポートファイルの名前を自動で生成
  • 主要な画像形式向けのスライスプリセットを使用
  • 選択済みスライスにスライスプリセットを適用 (デスクトップのみ)
  • スライスごとに複数のエクスポート設定、形式、解像度を使用可能 (デスクトップのみ)
  • 一度にすべてのスライス、1つのスライスのみ、または選択したスライスを出力
  • エクスポート処理中にレイヤコンテンツを非表示化
  • レイヤコンテンツをエクスポートから除外
  • 標準およびRetina/高DPI解像度のグラフィックスをまとめて出力
  • Retina/高DPI版には名前の末尾に@2xと@3xを自動付加
  • 絶対サイズへのエクスポート (デスクトップのみ)
  • Deliver UIデザインアセットを提供(iOS)

ワークスペースとワークフロー

新しいドキュメントダイアログで簡単なセットアップ (デスクトップのみ)

  • 新機能
    サムネールベース
  • 新機能
    さまざまなタイプの出力用 (例えば、ウェブ) にプリセット可能、
  • 新機能
    自分自身のカスタムページのプリセットを作成
  • 新機能
    Access Affinity テンプレート (.aftemplate)

カスタムパネルレイアウト (デスクトップのみ)

  • パネルをドッキングまたはフロート化
  • パネルのグループ化と並べ替えを思いどおりに実行
  • 必要に応じて、パネルを非表示化、展開
  • パネル名は、現在使用しているものを示すように動的に変わります

キャンバスを回転

  • レタッチ処理とペイント処理がより自然にできるようにワークスペースを回転
  • キー、メニュー、タッチジェスチャー、ペンタブレットコントロールを使用 (デスクトップのみ)
  • キャンバスの回転を無効にして予期せず使用されるのを回避

スクリーンモード (デスクトップのみ)

  • 単一スクリーンまたはマルチモニターの設定で動作
  • 標準およびRetina/高DPIスクリーン用に最適化

カスタマイズ可能なキーボードショートカット (デスクトップのみ)

  • 最速のワークフローになるように独自のお気に入りのプリセットを適用
  • ショートカットセットを保存、読み込む
  • 一般的なショートカット規則に対応

カスタマイズ可能なツールバー (デスクトップのみ)

  • 独自のツールバーを作成、または既存のパネルをカスタマイズ
  • ツールグループを再配置、再構造化
  • プライマリツールバーを単一列または複数列に設定
  • お気に入りの特定の機能用のツールバーボタンを追加

強力な履歴およびスナップショット

  • 8,000以上の履歴ステップを即時にスライド操作
  • 履歴を保存して、以前のセッションのステップを再利用
  • 別の写真家からファイルの処理をロールスルー
  • 別のAffinityスイートアプリで実行されたアクションを取り消し
  • シームレスな自動保存機能で予期しないシャットダウンによる被害を防止 (デスクトップのみ)
  • 後で再利用できるように編集状態をスナップショットとして保存

変形パネル

  • 変形パネルを使用して移動と拡大縮小を正確に実行
  • 値を混合単位で入力
  • 標準的な式を使用して計算を実行
  • πやφなどの数式を含む (デスクトップのみ)

ストック画像をプレビュー

  • Affinity Photo内でストック画像を検索
  • ガイドラインとしてレイヤースタックにプレビューを追加
  • 商用の画像およびモデルリリースの画像を検索
  • 著作権使用料無料のプロバイダ(Unsplash、Pexelsなど)

ツールおよびUI設定を調整

  • ユーザーインターフェイスの色調の明暗選択
  • バックグラウンドおよびUIグレーレベルを調整
  • [環境設定] でツールの動作と外観を設定
  • 入力デバイスでのワークフローの利用方法を管理
  • ツールコントロールのサイズとUIのテキストサイズを大きく/小さくする

ナビゲータ

  • ビューポートがズームインされているサムネールを表示
  • ビューを保存し、ビューをすばやく切り替え (デスクトップのみ)

効率的なコピー/ペースト

  • 他のアプリ用の画像とベクターのコピー/ペースト操作に対する高い互換性
  • Affinityアプリ内で書式付きまたは書式なしのコピー/ペースト
  • アイテム間で書式またはエフェクトをペースト
  • 結合をコピー/ペーストして平坦化
  • 内側にペースト、および現在のレイヤの上/下/内側に挿入

オプションのライブアシスタント

  • どのアシスタンスも煩わしいものではなく、非表示化/無効化/微調整できます
  • UIの下端にあるヒント行には便利なツールチップが表示されます (デスクトップのみ)
  • コンテキストツールバーは、ライブコントロールおよびオプションをツール単位で提供します
  • アシスタントマネージャーは、レイヤ、マスク、ブラシ、調整の動作を調整します
  • メディアが混在するデザインのタスクをAffinity Photoで管理する方法を選択

保存済みコンテンツへのアクセスを容易にするアセット

  • アセットストレージのための専用パネル
  • 切り抜き、シェイプ、ブラシストローク、透かしの保存に最適
  • アセットのインポート/エクスポート

ライブフィルタ、調整、エフェクト

ライブ調整レイヤ

  • レベル
  • ホワイトバランス
  • HSL (色調の色範囲設定とカラーピッカーを持ちます)
  • 再配色
  • 白黒
  • 明るさとコントラスト
  • ポスタライズ
  • 自然な彩度
  • 露出
  • シャドウ/ハイライト (改善)
  • しきい値
  • カーブ
  • チャンネルミキサー
  • グラデーションマップ
  • 特定のカラー
  • カラーバランス
  • 反転
  • ソフトプルーフ
  • 3D LUT(調整用の3Dルックアップテーブル)
  • レンズフィルタ
  • 明暗別色補正

ライブフィルタレイヤ

  • ガウスぼかし
  • ボックスぼかし
  • メジアンぼかし
  • バイラテラルぼかし
  • モーションぼかし
  • 放射ぼかし
  • レンズぼかし
  • 楕円のフィールドの深度
  • チルトシフトのフィールドの深度
  • フィールドぼかし
  • 光彩拡散
  • 最大/最小ぼかし
  • 明瞭度
  • アンシャープマスク
  • ハイパス
  • さざ波
  • 渦巻き
  • 球面
  • 変位
  • ピンチ/パンチ
  • レンズの歪み
  • パースペクティブ
  • ノイズ除去
  • ノイズ付加
  • 拡散
  • ダスト&スクラッチ
  • ビネット
  • フリンジ除去
  • 照明
  • シャドウ/ハイライト
  • ハーフトーン
  • 手続きテクスチャ(および高度なプリセット)
  • ボロノイ

元のデータが失われることのない編集

  • ライブ、編集可能なフィルタ、調整、レイヤfx、ブレンドモード
  • エフェクト、ブレンドモード、調整をタイムラグなしにすぐ確認
  • 任意の画像レイヤとグループに適用、ベクターアートにも適用可能
  • いつでも編集可能、取り消しを使用することなく変更
  • レイヤ単位、調整単位、フィルタ単位、オブジェクト単位などのブレンドモードを編集
  • 手間のかかる戻り作業なしにクライアントの要求に基づいて作業

ライブレイヤエフェクト

  • ガウスぼかし
  • 外側のシャドウ
  • 内側のシャドウ
  • 外側の光彩
  • 内側の光彩
  • アウトライン
  • 3D
  • べベル/エンボス
  • カラーオーバーレイ
  • グラデーションオーバーレイ

ライブブレンドモード

  • 標準
  • 暗くする
  • 色を暗くする
  • 乗算
  • 色焼き込み
  • 線形焼き込み
  • 明るくする
  • 色を明るくする
  • スクリーン
  • 覆い焼き
  • 追加
  • オーバーレイ
  • ソフトライト
  • ハードライト
  • ビビッドライト
  • ピンライト
  • リニアライト
  • ハードミックス
  • 差分
  • 除外
  • 減算
  • 色相
  • 彩度
  • 明度
  • カラー
  • 平均
  • 否定
  • 反射
  • 光彩
  • コントラスト無効
  • 消去

本格的なペイント、スケッチ、テクスチャツール

本格的なブラシ

  • 新機能
    統合型ラスターブラシが Affinity の範囲全体を設定
  • ラウンドおよびテクスチャレタッチツールによって深度を追加
  • 高品質で本格的なブラシノズルを使用してペイント
  • 任意のサイズのペイントを作成、任意のサイズの画像の上にタイムラグなしでペイント
  • ページ上のブラシのプレビューでブラシの幅と硬度を設定
  • 新機能
    ページ上のブラシのプレビューでノズルの間隔と回転コントロールが可能
  • 水彩絵具など自然を模したメディア
  • 不透明度(累積)、硬さ、間隔、流量、形状、回転、明度をカスタマイズ
  • 上記のブラシプロパティに応じた筆圧(ジッター)
  • カスタマイズ可能なランププロファイルによるウェットエッジのサポート
  • マルチブラシ(複数のブラシを組み合わせて、よりおもしろい、個性豊かなブラシストロークを作成)
  • ブラシの対称(最大32方向)、およびオプションのブラシのミラーリング(最大5方向の反射)
  • 複数のノズルテクスチャを持つブラシで、独自のノズルコントローラ/傾斜を設定可能
  • カラーブラシ/HSLが変更されたブラシでウェットエッジおよび累積をサポート
  • 左および右矢印キーを使用したノズルの回転(ストロークの適用前、または適用中)
  • XまたはY軸に制約された直線状のストロークのペイント

ストロークの安定化

  • スタビライザーの有効化によってきわめて滑らかなブラシを実現
  • さまざまなスムージング動作が可能なロープまたはウィンドウモード

ブラシのインポート/エクスポート

  • 外部ソースや無料サンプルからAffinityブラシパックを追加
  • Adobe®ブラシ(.abrファイル) をインポート
  • ブラシパックをエクスポートして、他と共有またはバックアップする
  • ダブルクリックによるブラシパックの簡単なインストール
  • Affinity Designerで使用するためにブラシを共有

カスタムブラシ

  • 独自のテクスチャを使用して完全なカスタムラスターブラシを作成
  • ウェットエッジやブレンドモードなど、ブラシの動作と設定をカスタマイズ
  • 独自のカテゴリを使用してブラシをまとめる
  • 他のユーザーが作成したブラシをインストール

タブレットおよびタッチコントロール (デスクトップのみ)

  • ペンタブレットや
  • チルト、角度、速度、およびその他の入力など、高度なコントロール
  • ペンタブレットボタンとスタイラスホイールコマンドをマップ
  • トラックパッドジェスチャーを使用してキャンバス、パン、およびズームを回転

ラスターアートとベクターアートを結合

  • また、ラスターレタッチおよびその他のビットマップブラシワークをベクターに適用
  • レイヤをドラッグアンドドロップして、ブラシワークを追加またはクリップする場所を選択
  • クリックごとに複数の画像を配置してコンポジション (デスクトップのみ)

ベクターおよび領域が混在するデザイン

ネイティブベクターを作成

  • 業界で最も高性能なペンツールを使用してパスとシェイプを描画
  • シェイプを選択範囲に変換
  • スマートにカスタマイズされたノードを含むシェイプのライブラリを使用
  • 使い慣れたノードツールを使用してパスとシェイプを完全に編集
  • 複数ノード選択、整列、変換
  • カーブと構造のスナッピング
  • シェイプのプリセット、または独自のシェイプを保存

ベクターアートワークをインポート/エクスポート

  • SVG、EPS、PDF、FH、AIファイルを開いて編集
  • Webグラフィックスの効率化のためにSVGを出力
  • 互換性のためにPDFまたはEPSとして保存

美しいグラデーション

  • オーバーレイ、シェイプ、マスク用の非常に滑らかなグラデーション
  • 画面上でグラデーションをドラッグするためのライブツール
  • グラデーションのパスとノードの上にカラーをドラッグアンドドロップ
  • オブジェクトのスケーリング/傾斜塗りつぶしハンドル編集による傾斜に対応する線形および放射状のグラデーション

グラデーションのノイズと不透明度

  • ノイズを含むグラデーションにテクスチャを追加
  • カラーウォッシュとオーバーレイを不透明度とブレンド
  • カラーをブレンドするのと同じように、ノイズと不透明度を少しずつ容易にブレンド

画像/ドキュメントのデザイン支援

  • マージンとガイドを追加
  • 複数列ガイド
  • ルーラーを表示/非表示化 (デスクトップのみ)
  • スプレッド起点の再配置 (デスクトップのみ)
  • 複数ツールの使用時のルーラーエリアからのガイドの再配置 (デスクトップのみ)
  • ルーラーから、または値を入力して、カスタムガイドラインを追加 (デスクトップのみ)
  • ドラッグを反映する計測ガイド
  • ピクセルの強制配置など候補に基づくスナップシステム
  • カラー付きの正方、三角、3軸グリッド

ピクセルで整列したグラフィックス

  • WebおよびUIデザイン用のアートワークを正確に作成
  • 標準およびRetina/高DPIレベルでのピクセル精度でプレビュー
  • グリッドへのスナップ
  • 動的なスナップ処理は、その場でエレメントを整列します
  • 高度なスナップ処理コントロールは、保存可能なプリセットを含みます
  • スナップ処理からオブジェクトを除外

位置合わせと均等配置

  • 左揃え、中央揃え、右揃え、上揃え、上下中央揃え、下揃え
  • ページ上の位置に合わせた選択範囲の正確な整列のための整列ハンドル
  • 選択範囲、スプレッド(アートボード)、マージン、最初/最後の選択要素に対して機能
  • エレメントを自動的に等間隔配置
  • レイヤ、ツールバー、またはキーボードショートカットを使用して、zオーダーを容易に管理

シームレスなアプリの切り替え

  • Affinity製品間で移動
  • (Affinity DesignerおよびAffinity Publisherは別途購入可能)

共有されているAffinity形式と履歴

  • 切り替えツールやペルソナと同じように簡単に領域をまたいでデザイン
  • ファイルをAffinity PhotoまたはAffinity Designerに保存。これらとの互換性は100%です
  • 別のAffinityアプリで実行されたタスクを取り消す

精密なタイポグラフィ

プロ仕様のフォントサポート

  • OpenType、Type 1、True Typeフォントを使用した、洗練されたテキストを追加
  • 合字など、高度なOpenType機能を使用
  • デザインの作成中にプレースホルダテキストを挿入
  • 特殊文字と記号を挿入
  • オブジェクト間でスタイルをコピーおよびペースト
  • フォントフォールバック

フォントのライブプレビュー

  • テキストの作成またはカスタマイズ中に、フォントは即時にプレビューされます
  • 効率化のためにフォントにコレクション別にアクセス
  • 最近使用したフォントを最初に表示 (デスクトップのみ)
  • 最近使用したフォント、使用済みフォント、お気に入りフォントを閲覧 (デスクトップのみ)

OpenType機能のライブプレビュー

  • タイポグラフィパネルには、機能のライブプレビューが表示されます
  • 毎回適切なスタイルセットを簡単に選択
  • 合字、コンテキスト代替、スウォッシュなどをプレビュー

グリフブラウザ

  • テキストに特殊文字をすばやく挿入
  • グリフまたはUnicode順で表示
  • フォントのサブセット(eCyrillicなど)によるフィルタ処理
  • フレーズ、グリフ値またはUnicode値での検索

文字および段落パネル

  • ドッキング、移動、サイズ変更が可能なオンスクリーンパネルでテキストにスタイルを適用
  • カーニング、トラッキング、ずれ、ベースライン、その他の文字属性を調整
  • リーディング、インデント、タブストップ、位置揃えを簡単に設定

アートおよびフレームテキスト

  • 見出しや吹き出しの作成に最適な拡大縮小可能なアートテキストを追加
  • フレームをコンテナにして本文テキストの段落を追加
  • 整列、位置揃え、文字、段落設定をコントロール
  • 親のテキストフレームに合わせてテキストコンテンツも拡大縮小が可能
  • フレームテキストを縦方向に配置
  • 内部のテキストに合わせてテキストフレームを調整
  • 入力中のスペルチェックのライブ実行

テキストスタイル (デスクトップのみ)

  • テキスト表示の一貫性を確保
  • 文字および段落スタイルを適用
  • ドキュメントの境界を超えてスタイルを容易に更新
  • スクラッチまたはテキスト選択からのデザイン
  • スタイルの階層
  • スタイルグループ

入力デバイス

OS X/macOS

  • 筆圧感知対応のペンタブレットおよびペン
  • 感圧タッチおよび標準トラックパッド
  • Macキーボード
  • タッチバー
  • Magic Trackpad、Magic Trackpad 2
  • Magic Mouse、Magic Mouse 2
  • 汎用マルチボタンおよびホイールマウス
  • macOSが提供するディクテーション機能

オプションハードウェア

  • DSLRまたはカメラ
  • OS Xがサポートするスキャナー

Windows

  • WARP(Windows Advanced Rasterization Platform)フォールバックに対応したDirectX 11およびDirect 2Dレンダリング
  • スムーズなパン/ズーム操作およびレンダリングのためのハードウェアアクセラレーション
  • Surface Pro 3、Surface Pro 4、およびSurface Book向けに最適化(分離可能な画面のサポートを含む)
  • Surface Studio(Surface Pen/Surface Dialを利用)
  • ジェスチャ、ペン、およびタッチスクリーン入力のサポート
  • 汎用マルチボタンおよびホイールマウス
  • Wacom(およびその他のWintabデバイス)のサポート
  • Microsoft同時実行ランタイムを使用した複数の最新CPUの活用とそうしたCPU間でのスケーリング
  • 複数モニター間での高度なDPIサポート

オプションハードウェア

  • DSLRまたはカメラ
  • Windowsがサポートするスキャナー
キー:
新機能
= バージョン 1.8 で新登場の機能
本WebサイトはCookieを利用しています。引き続き本サイトを閲覧することで当社のCookieの利用に同意したものとみなされます。 詳細を確認
Internet Explorerはサポートされていません。ブラウザをアップグレードして、エクスペリエンスを向上させてください。 詳細を確認.